超攻撃的ゴレイロ “じゅんぼ~” No.16

フットサルチーム『Passion』のゴレイロのメモ帳

phpMyAdminのアップグレードについて(2013年2月5日)

phpMyAdminのアップグレード』

 

Apache及びMySQLの[ Start ]をクリックし起動させる。

http://localhost/へアクセスし「XAMPP for Windows」のサイトへ行きます。

左のリストにあるToolsからphpMyAdminをクリックします。

f:id:junkichi16:20130121211811j:plain

するとphpMyAdmin(http://localhost/phpmyadmin/)ページへ移動します。

f:id:junkichi16:20130124014715j:plain

このサイトへ移動した際、画面下部にphpMyAdminのアップグレード版があることを

示唆する表示が出ていればアップグレードをします。

phpMyAdminのページの右下にphpMyAdminオフィシャルサイトという

リンクがはってあるので、それをクリックします。

すると、phpMyAdminのサイトへ移動します。

f:id:junkichi16:20130124015228j:plain

このページの右上に黄緑のアイコンが並んでいますが、

そのうちの一番上の「Download X.X.X」をクリックします。

※X.X.Xはバージョンで、この画像では3.5.5ですが、現在は3.5.6。

すると、phpMyAdminの最新のバージョンの列が掲載されているページに移動します。

f:id:junkichi16:20130124015555j:plain

これらの中から、一番身近なファイル形式であるZIP形式のモノを選択します。

また、言語はall-launguageを選択するので

phpMyAdmin-3.5.6-all-languages.zipというのをクリックします。

すると、どのようにダウンロードするかを聞かれます。

f:id:junkichi16:20130124020459j:plain

「ファイルを保存する」を選択します

すると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが終了すると、phpMyAdmin-3.5.6-all-languages.zipが現れます。

ZIP形式ですので、解凍してあげます。

そして、phpmyadmin-3.5.6-all-languagesをphpmyadminと名称を変更します。

変更後、xamppフォルダ内に移動させます。

xamppフォルダ内には旧バージョンのphpmyadminがあるので上書きをします。

すると、最新のphpMyAdminへとなり、

phpMyAdmin(http://localhost/phpmyadmin/)ページの画面下部に出ていた

phpMyAdminのアップグレード版があることを示唆する表示が消えます。